放射線科理念

チーム医療の一員として、他部門と密に連携をはかり、患者様にとって
安心・安全に検査を受けて頂ける様に努める。
また、最適な検査を目指し、日々技術向上に努める。

放射線科概要

技師数
男性3名  女性2名 装置
一般撮影装置
CT
TV
乳房撮影装置
ポータブル装置
外科用イメージ
取得認定
マンモグラフィ認定
胃がん検診専門技師
胃がんX線検診読影資格
X線CT認定技師
ICLS・BLSコースインストラクター

一般撮影装置

FPD搭載X線撮影装置
CALNEO U / MT

無線FPD
CALNEO C1717/1417/mini
(富士フィルムメディカル)

特 徴

当院の一般装置は、より少ないX線量で鮮明な高画質が提供可能なFPD(Flat Panel Detector)搭載のため、従来装置(CR装置・フィルム)より、最大約4分の1程度の低線量での撮影が可能です。
また、移動型FPDも設置していますので、車椅子の方でも安心して検査が行なえます。

X線透視装置

FPD搭載デジタルX線TV装置
ZEXIRA
(東芝メディカルシステムズ)

装置の特徴

X線TV装置とは、体を透過したX線をTVモニターで、リアルタイムに動画として見ることができます。
当院の装置は、17インチ角の平面検出器(Flat Panel Detector:FPD)を搭載しており、さまざまな検査要求に対応し、「大視野・高画質・低被ばく」を実現しています。
また、撮影寝台は昇降式の寝台装置のため、お体の不自由な方やお子さま、ご高齢の患者様にもご負担なく安全に乗り降りできるようになっています。

主な検査内容

*食道、胃、小腸、大腸などの消化管造影検査(胃がん検診も実施)
*骨折の整復術 *関節ブロック注射 *内視鏡下胆道膵管造影

CT装置

80列マルチスライスCT
Aquilion Prime
(東芝メディカルシステムズ)

低線量CT肺がん検査を実施

装置の特徴

0.5mmスライス×80列検出器、1回転0.35秒での高速撮影
 80列検出器と1回転0.35秒スキャンにて、高精細0.5mmスライスにても高速撮影ができます。
 例えば、体幹部の撮影を約5秒の息止めで行なうことができます。

被ばく低減への配慮
 高画質を保ちながら低被ばくで撮影可能な低線量撮影技術「AIDR 3D」を使用しています。
 撮影部位を選ばずに全身のCT検査に適用でき、画像ノイズを最大50%、
 被ばく線量を最大75%低減できます。

主な検査内容

*頭部*体幹部*四肢・椎体検査*血管検査

乳房撮影装置

乳房X線撮影装置
MicroDose SI
(PHILIPS)

マンモグラフィ検査はすべて
女性技師で対応しております

装置の特徴

~Low dose & High image quality~
フォトンカウンティング技術を使用しているため、アナログ信号からデジタル信号への変換が不要で、信号の劣化を少なく、50μmの高精細な画像を撮影できます。
マルチスリットスキャンを使い撮影することで、従来のデジタルマンモグラフィと比較して平均約40%被ばく線量を下げ撮影することが可能です。

訪問リハビリテーション

TMG宗岡訪問看護ステーション

地域公開講座